『 K.country 』

Kasugaギターが、その技術の粋を世に問うた名機である。
70年代当時、数々の米国ギターメーカーからOEMの依頼を受け、
米国メーカーのブランドで世界に広がった、名も無いカスガ。
しかし、日本にだけはれっきとK.Countryの名を刻んだ名機達
が残った。
『K』はKasugaのK、そしてCountryは米国のカントリーマン達
が歌っていたカントリーミュージックをイメージして付けられた。

K.Countryの最も初期の、Fシリーズ、ハンドメイドのハイグレ
ードHCシリーズ、ドレッドノート普及タイプのDシリーズ等、
'70年代のフォークブームの頃、多くのギターメーカーがしの
ぎを削った時代、Kasugaの優れた技術を持ったクラフトマン達
によって作り出されたこのギター達は、数十年の時間を超えて
今も美しい響きで鳴り続けてくれている。

ブランド名はK.Countryの他に、普及機としてのキンバリー、
高級グレード機としてのThe Kasuga、主にクラシックギター
に付けられた「春日」などがある。

K.Countryをリリースしていた春日楽器製造株式会社は、1935年
名古屋で創業された、ギターメーカーとしての老舗。
創業者は後に民社党委員長となった春日一幸氏。

日本のフォークブームが去っていった80年代、K.Countryも次第
に生産終了となっていった。しかし、名機は時代を超えて蘇った。
'70年代当時、K.Countryの企画・販売に携わっていた今西氏によ
り、2000年にブランドが再興され、LeKシリーズとして新しい名
機の道が開かれようとしている。

戻る

inserted by FC2 system